ドラマ

マイラブマイベイカーの原作のあらすじやネタバレは?原作との違いは?

こんにちは~!

新しくドラマが始まりますね!

季節の変わり目は次に始まるドラマをチェックしちゃいます。

本仮屋ユイカさん主演のドラママイラブマイベイカーですが原作のあらすじはどんな感じなの?ネタバレや感想も読みたいということなので、色々書いてみようと思います。

 マイラブ・マイベイカーの主役は本仮屋ユイカさん!

マイベイカーという漫画が原作のこのドラマですが、ひかりTVやdTVチャンネルで放送されるようです。

パン屋を舞台に繰り広げられるドラマですが、主役の小岩美々子役を本仮屋ユイカさんが演じます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

おはようございます😊 週の始まりですね🌞 今朝は気分良く早起きできて、気持ちのいい朝☺️✨ 今週、幸先いい感じです😁🍀 さて、明日5月26日(火)19時56分〜「踊る!さんま御殿!!」関東女〜ローカル対決 (日テレ)に出演いたします! 初のリモート体勢での収録に参加📺 さんまさんはアクリル板があっても、距離が遠くても、全くそれを感じさせないトークで、たくさん元気を頂きました✨ 皆さまにも楽しんで頂けますように✨ ぜひご覧ください😊🧡 . . . top&skirts: @inprocess_tokyo earring: @goldy_jp shoes: @mamian

本仮屋ユイカ(@yuika_motokariya_official)がシェアした投稿 –

 

 

本仮屋ユイカさんと言えば、2008年放送の薔薇のない花屋や3B組金八先生にも出演していましたよね。清純派な印象でさっぱりとした嫌味のない顔立ちです。

パンが大好きでこの漫画を描いてしまったという漫画家のらくださんですが、その主人公の純粋にパンを愛す気持ちをうまく演じてくれるのではないでしょうか。

そして主人公の小岩美々子に恋する北薫役を飯島寛騎さんが演じます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

10cmくらいカットしますた🍨🥤 って女性みたいな報告でした。

飯島寛騎(@hiroki_iijima_official)がシェアした投稿 –

 

 

飯島寛騎さんは仮面ライダーエグゼイドを演じたことでも有名ですね。

甘いルックスな雰囲気がこれまたイケメンですよね。主人公の恋の相手役にはぴったりな雰囲気ではないかと思います。

不器用な雰囲気のある薫をうまく演じてほしいなと思います。

また、漫画には登場しないベーカリーのプロデューサーの柏木広役の竹財輝之助さんも登場します。


原作とは違ったストーリー展開で2度美味しいといった感じでしょうか。

竹財輝之助さんも有名ドラマにたくさん出演している方で、最近では主演ドラマ『ポルノグラファー』が話題になったそうです。

ドラマでは柏木広(竹財輝之助さん)とも何か恋の展開がありそうな予感ですね。

その他にも原作ではパンを愛する面々が登場しています。

漫画をまだ読んでない方は漫画を是非読んでドラマを見てみてください。

マイラブ・マイベイカーのあらすじは?

ここでマイラブマイベイカーの原作の漫画のあらすじを紹介しようと思います。

マイラブ・マイベイカーはその名のとおりパン屋を舞台にしたお話です。

パン屋の店長・美々子(本仮屋ユイカさん)と薫(飯島寛騎さん)がメインで織りなすラブストーリーです。

美々子はパンが大好きでパン屋のことには一生懸命ですが、仕事を優先するあまり恋愛の影は全くありません。

そこで一緒に働くこととなった薫に次第に惹かれていきながらも、過去の恋愛にトラウマを抱える美々子は中々薫と距離を詰められずにいます。

美々子のトラウマになんとなく気づきながら距離をうまくとっていく薫とのストーリーが進んでいきます。

 

 

 マイラブ・マイベイカーのネタバレ

パンをこよなく愛するまちのパン屋の店長・美々子(本仮屋ユイカさん)は毎日買いにきてくれるお客さんのためにせっせとパンを焼きます。

ですが、パン屋はイメージと違いかなり重労働な環境でお給料が安いということで、新しく人が入ってもすぐに辞めてしまい、人が足りなくて困っていました。

そんな時に美々子のパン屋で働きたいといってやってきたのが北薫(飯島寛騎さん)です。

美々子は子供の頃からパン屋が大好きだという薫をさっそく採用します。

 薫が入店してから3か月

薫はパン屋の重労働もこなし入店から3か月たち正式採用となります。

薫の正式採用を祝し、居酒屋で飲み会を行いもうみんなの名前や顔は覚えたかや給料は安いが嫌になっていないかなどを薫に色々薫に質問します。

薫が美々子に何かを言いかけたところに同僚のハルがやってきて、ハルは薫が美々子のことが好きなことを悟ります。

 薫が昔の常連客だと気が付く美々子

ある日働いていると倉庫で荷物の雪崩に巻き込まれ薫に助けてもらいます。

その時グリズリーに薫が似ていると思ったことをきっかけに昔来てた常連客が薫だったと美々子の中で結びつきます。

そのことを思い出した美々子は昔熊のクリームパンを作ったことを思い出し、また今回も熊のクリームパンをお礼に薫に渡します。

美々子に昔のことを気づかれていないと思っていた薫は美々子に気づかれてしまったことに恥ずかしさがこみ上げます。

薫との思い出話をお酒の肴に美々子と同僚のハル、薫の3人で飲んでいましたが美々子が泥酔し、家まで二人で送ることにしました。

そのまま、二人も美々子の家に泊まり、次の日何も覚えていない美々子にハルと薫は状況を説明。ハルは美々子と薫を二人っきりにするために足早に帰ってしまいます。

美々子は昨日のお礼にと薫にパンを作って朝食をごちそうします。

 クレーマー出現

ある時、店で店長の美々子がお客さんに怒鳴られていると販売員が薫たちにSOSを求めて言いにきます。

なんとかその場を助けたい薫やハルたち。

薫はクレーマーを黙らせるために焼きあがったパンを持って威嚇しつつパン屋の店先に現れます。

薫の雰囲気を察した客は足早に去っていきます。

ここのパン屋は薫が来るまで女性しかなかったためかこうしたクレーマーや嫌がらせの電話がかかってきていたと言います。

薫はそれを聞いて「俺を見て黙るなら人を見てクレームをつけているってことだ。理不尽はなくならないが減らしたっていいでしょ?」と言い美々子たちは薫の優しさに感動します。

 恋のライバル出現?

そんな折に美々子のパン屋に新人の平井が販売要員として採用されました。

平井はパン屋の基礎として、パンに異物が混入したら困るからシャーペンやホッチキスはダメなことや基本的なことを仕込まれます。

しごかれながらも販売の仕事を頑張ってついていきますが、美々子が目当てでお店に入ってきたことがわかります。

 美々子の腕の火傷

ある時美々子の腕に火傷の痕がたくさんあることに気が付く薫。

美々子はオーブンの上段を持つ時にやってしまったと言いいます。

薫はすかさず氷を持って来るがその火傷の痕を薫に見られたことが恥ずかしく、美々子は薫を意識して恥ずかしさを感じています。

 無理をする美々子

美々子はパン作りに一生懸命なところがあり、ついつい無理をしてもパン作りをしてしまうことがあります。

また、人手不足もあいまって、風邪をひいたり調子がすぐれない時も出勤してパン作りに励んでいます。

ある日美々子の作ったパンがいつもと違うと思っていた薫。

蛍光灯を変えてくれと美々子に頼まれ、美々子の顔をよく見ると冷えピタが貼ってあり、熱があるのではないかと気づきます。

薫は店長の穴埋めを今後自分ができるようにしていきたいから、他のポジションも教えてほしいと美々子に伝えたところ、美々子は感動してしまいます。

その日の他の仕事は薫たちが巻き取り、美々子には帰るように言います。

 美々子の看病

熱を出した美々子を見舞いに美々子の家を訪れた薫とハル。

何も食べてないと言う美々子に食料を買い、美々子に食べさせます。

ハルは気を利かせて先に帰り、薫と美々子は二人っきりに。一通り看病が終わった薫は帰ろうとすると美々子は見送ると言い起き上がろうとするがうまく起き上がれず薫が受け止めます。

薫に美々子は謝るが薫はそのまま美々子を抱きしめてしまいます。

お互いに意識する美々子と薫

 

美々子と薫はこの前のことからお互いに意識するようになります。

そんな時美々子の兄が突然現れます。

美々子の兄は美々子を溺愛するシスコンで、美々子の監視役として大学にも行かずふらふらしているハトコの平井を美々子のお店に送り込んだのだといいます。

美々子のパン屋は祖父の代から続いていて、兄がそれをチェーン展開していったのだと言います。

企業的なやり方に向かない美々子は1号店の屋号を変えて働いていたということだそうです。

心配する兄 

美々子のことが心配な兄は家に男が泊まったことなどについて薫にさぐりをいれる。

そこまで心配するのには理由がありました。

美々子は昔兄の同級生の堀田という男性と付き合っていたが、自分の言うことを聞かない美々子に腹を立て、美々子につきまとうようになってしまったのでした。

挙句の果てに堀田は美々子のいるパン屋に来て美々子に怪我をさせて警察沙汰になったという過去があったのです。

それもあり、美々子に男の影がちらつくことを心配していたのでした。

薫に美々子の過去を打ち明ける

ある日兄は薫に美々子の過去を打ち明けることにします。

美々子が薫といい雰囲気になりつつも何かに怯える様子を感じていた薫。

堀田には監視をつけていたが、最近消息がわからなくなっていたことから兄は美々子を心配し、海外から帰国したことなど薫は聞ききます。

そんな話をしている間に美々子のもとには堀田が現れていたのでした。

そこに丁度良くハルが来たことで堀田を退散させたが、堀田が来たことを知った兄や薫も駆けつけ心配します。

 堀田が薫を狙ってやってくる

堀田が薫の存在を知り、美々子が幸せになることが許せなく薫の跡をつけます。

薫の前に堀田が現れたところで、GPSを所持させられていた薫はこっそり兄に連絡します。

そこに美々子と兄、ハルも駆けつけます。

美々子が「今、好きな仕事と好きな人たちに囲まれてる。あなたの自由のために私を使わないで!」と堀田を突き放し、兄たちが援護射撃をしたことで堀田はもう美々子には近づかないと約束します。

美々子の一大事を救った薫は美々子と二人きりにしてもらい、美々子を抱きししめました。

美々子も薫の気持ちを受け止めるようになりました。

 

 ドラマの見所

ドラマの見所は何と言っても不器用な薫が時折見せる優しさではないでしょうか。

美々子の腕の火傷を気遣ったり、美々子の体調不良をカバーしたりしますが、その時に発する薫の言葉がこれまたかっこよくってきゅんとします。

漫画を読んでいてもキュンキュンしますが、これを竹財輝之助さんや飯島寛騎さんが演じたらもう女性はいちころなのではないでしょうか。

 

 原作との違い

原作では美々子の兄や従業員として平井が登場しますが、もしかしたらこの二人は登場しないのかもしれません。

逆に竹財輝之助さんが演じる柏木広が原作にいないキャラクターなので、ストーリーもそのあたりは違ってくるんだと思います。

ドラマの公式を見ると竹財輝之助さんの役は美々子に想いを寄せている役なようなので、美々子を薫と取り合う役なのかな~と想像します。

 原作を読んだ感想

原作者のらくださんが本当にパンが好きなことが伝わってくるお話だな~と思います。

パン屋の裏側が描かれていて、パンを作るのってすごく大変なんだなということもわかります。

美々子や薫が一生懸命パンを焼いている絵を見るとなんだかパンのかおりがしてくるような気がしてしまいますね。

私もパンが好きでよくパン屋へ行って買うのですが、パンの出来立てのあのかおりを思い出しました。

美々子のパン作りへの一生懸命な感じも伝わってきて本当にパン屋を愛しているんだな~と思います。

薫の不器用だけど優しいところも読んでいてほんわかします。

ところどころキュンキュンするエピソードがあってそれがドラマ化されるとなったらもう見ないわけにはいきませんよね。

マイラブマイベイカーのドラマには漫画には登場しない美々子に想いを寄せるベーカリープロデューサーの柏木広役の竹財輝之助さんがメインで登場するようなので、原作とはまた違ったストーリ展開にるあたりも楽しみだな~と思います。

ドラマと原作を見比べてみるとも楽しいかもしれませんね。

 ネットの反応は?

マイラブマイベイカーに関するネットの反応を調べてみました。

マイラブマイベイカーを楽しみにしている方がたくさんいるようです。

出演メンバーがイケメンということもあり、話題になっているみたいでした。

 

 まとめ

今回はマイラブマイベイカーの原作のあらすじやネタバレ、感想ということで書いていきました。

薫が美々子の火傷の痕を見て氷をすかさず持ってくる場面はきちんと美々子を女性扱いしているんだな~と思ってなんだかほんわかした気持ちになります。

ところどころに薫の不器用な優しさが描かれていて、女子がキュンとするような場面がたくさんちりばめられている気がします。

このドラマを見るとついついパンを食べたくなってしまうのではないでしょうか。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。