テレビ

キャンディス・キャメロンの現在の画像は?回避・制限性食物摂取症の病気の原因は?

こんにちは~!

世界的に有名なアメリカの番組『フルハウス』や『フラーハウス』に出演していたキャンディス・キャメロンさんが回避・制限性食物摂取症という病気になっていたことがわかりました。

現在はどんな感じなの?や病気の原因ってなんなの?ということで詳しく調べてみました。

キャンディス・キャメロンさんの病気の原因は何?

キャンディス・キャメロンさんの病気は回避・制限性食物摂取症という病気です。

当時のことを書いている記事を見つけました。

キャンディスが過食症を患ったのは、業界からしばし離れ、夫と共に家庭を築くのに懸命だった頃だという。

「そう、当時はある意味で自分のアイデンティティを失いかけていた。それで食べ物に走ったの。癒しを求めてね。夫が(仕事で)移動中、ひとりになった時によ。」
「食べ物との関係は不健康だったわ。それが過食症につながったの。」

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20160506_259946/

 

本人は原因を芸能の仕事から離れた時に食に癒しを求めたことと語っていますね。

確かに環境の変化などがストレスになることはありますよね。

キャンディスさんは小さいころからテレビに出演していたので、それが生活からなくなることでストレスを感じていたのでしょうね。

私も職場の異動などで環境が変わると最初の慣れないうちはストレスを感じることがあるな~と思います。

キャンディスさんが言っている過食症の原因や症状などについて調べてみました。

過食症とは一般的な人が食べる量よりもはるかに多い量を食べてしまう食欲を自分でコントロールできなくなる病気です。拒食症からの反動でなってしまうケースが多いです。大量に食べてしまった後は強い罪悪感や自己嫌悪に陥ってしまい、嘔吐したり、下剤乱用、翌日の絶食など食べたことを無かった事にする帳消し行為をしてしまったりします。

引用:https://www.hospita.jp/disease/1151/

食欲を自分でコントロールできなくなってしまう病気ということですね。

仕事から離れたストレスで食に癒しを求めた結果それが行き過ぎてしまったということなのではないでしょうか。

回避・制限性食物摂取症を調べてみると、特定のものしか食べなかったり、ごく少量しか食べない病気というような記載がありました。

回避・制限性食物摂取症は、食べものをごく少量しか食べなかったり、特定の食べものの摂取を避けたりすることを特徴とする摂食障害です。自分の体に対する歪んだイメージ(神経性やせ症でみられる特徴)や自分の体に対するイメージへのとらわれ(神経性過食症でみられる特徴)が認められる場合は、この病気に該当しません。

引用:https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/10-%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E6%91%82%E9%A3%9F%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E5%9B%9E%E9%81%BF%E3%83%BB%E5%88%B6%E9%99%90%E6%80%A7%E9%A3%9F%E7%89%A9%E6%91%82%E5%8F%96%E7%97%87

それによって成長が遅れたり社会活動が困難になったり、命の危険があるということです。

この病気は他の摂食障害に見られる体型へのこだわりが原因ではないものということのようです。

私の摂食障害のイメージとしては、過食症や拒食症で食べ過ぎてしまうかまったく食べられなくなってしまうというものなんですが、キャンディスさんのように特定の食べ物しか食べない病気というものも存在するんですね。

キャンディス・キャメロンさんの現在

キャンディス・キャメロンさんの現在について調べてみました。

写真を探したところインスタグラムが見つかりました。

見た感じかなり元気なように見えますね。

体型も極度に太っている、痩せているという風な感じではないので、今は通常の生活が出来ているようですね。

まとめ

今回はキャンディス・キャメロンの現在の画像や病気の原因についてでした。

人の生活は食べ物と密接にかかわっているので、過度なストレスには気を付けていきたいなと思います。

自分でも気づかないうちにストレスをためていることもあると思うので、こまめに運動などでストレスを発散しようと思います。

改めてストレスは大敵だな~と感じました。

コロナの影響でストレスを感じている方も多いかもしれませんが、あまり食に癒しを求め過ぎず、家の中でできるストレス解消方法を見つけていきましょう。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。